SOOPAFLY / DAT WHOOPTY WOOP(アルバム/2001年)

8月 5, 2010 · Posted in D.P.G., DEATH ROW, WestCoast · Comment 

SOOPAFLY / DAT WHOOPTY WOOP

 

ドウモ、crazycool です。

アッという間に8月になってしまいました。暑いですねぇ~。夏ということで聴きやすい一枚を紹介したいと思います。そのアルバムは Soopafly の「DAT WHOOPTY WOOP」

西海岸ヒップホップの黄金期時代の立役者の一人、Soopafly は、Dogg Pound の Daz と共に G-Funk 時代の Dr.Dre からスタジオの作業を学び、94年には Snoop のサントラの中の一曲「Who Got Some Gang Sta Shit?」をプロデュースし、翌年には Dogg Pound の 「Dogg Food」にキーボードで参加。Daz のプロダクションの面で相棒として才能を開花させ、色々なアーティストのプロデュースも手掛けている。95年にはラッパーとして自身の初シングルとなる「I Don’t Hung」をプロデュース&リリース。96年には Snoop が DEATH ROWレコードの傘下に設立した Doggy Styleレコードと契約し、Snoop のセカンドアルバム「Dog Father」に抜擢される。余談だがその時に自分も大好きな LBC Crew も Doggy Styleレコードと契約している。

プロデューサー兼ラッパーとして Read more

BIG C-STYLE presents Low Life GANGATAS / G’s Come Out At Night(シングル/1996年)

7月 17, 2010 · Posted in D.P.G., DEATH ROW, WestCoast · Comment 

BIG C-STYLE presents Low Life GANGATAS / G’s Come Out At Night

DEATH ROW RECORDS の初期からいる BIG C・STYLE。

自分が一番最初に BIG C・STYLEを目にしたのは、Snoop のアルバム「Doggy Style」のジャケット。Snoop が BIG C・STYLEって名前を呼んでいるようなイラストが描かれていたジャケットだったと思う。どんな人物かさえもわからなかったが彼はラッパーやシンガーなどではなく、影で操る存在のような?人物。自分が思うには、裏のドンなような存在?

後に DEATH ROWや DPGの PV などにチョコチョコと出演していることがわかった。彼は、DPGC の一員でもあり、DAZ の DVDにも出演している。見るからにそのワルッっぷりが一目瞭然。96年に 2-Pac が亡くなってから DEATH ROWレコードはバラバラになり個々で活動をしていく中で BIG C・STYLEも活動を開始、BIG C・STYLE がプレゼンする DPGCのクルーでもある Bad Azz 率いる Low Life GANGATAS のプロモオンリーのCDシングル「G’s Come Out At Night」を制作。このシングルは DEATH ROW、DPG 関連ではかなりの入手困難な激レア版で、この Low Life GANGATAS のアルバムを作る予定だった先行シングルのプロモ版だ。

曲はシングルなので3曲。参加は Read more

King T / THY KINGDOM COMB(アルバム/2004年)

7月 8, 2010 · Posted in CAPITOL, WestCoast · Comment 

King T / Thy Kingdom Comb

ウェストコーストを代表するレジェンドラッパー、King T。

このアルバムは、Dr.Dre が設立した アフターマスレーベル(Aftermath Entertainment)に King T を引き込んだ時のアンリリース・アルバムになる。しかしこの時はアフターマスからリリースされることはなく、その時期同レーベルに所属していた期待の白人ラッパーEMINEM のデビューアルバムを出すか King T のアルバムを出すかで インタースコープ(Interscope Records)側に選択を迫られ、結局は EMINEM の(メジャーでの)ファーストアルバムをリリースすることとなる。結果としてインタースコープにとってその選択は大成功を収めたが King T のアルバムは日の目を見ることはなく、King T はアフターマスレーベルを離れることになる。

このアルバムの内容はプロデューサー、曲、どれをとってもウェストコースト・ファンにとっては満足できるものに仕上がっている。クラシックといっても過言ではない。プロデューサー陣は Dr.Dre、Battle Cat、DJ Quick、Ant Banks、Budda、Fredwreck、Mike Dean、featアーティストは DJ Quick、Frost、MC Ren、Too Short、El Debarge、Baby S、RC、Crystal、Tray Dee、Shaquille Oneil、この連なる名前を聞いても外れのない内容だということがわかるでしょ?

このアルバムで最も注目すべき曲 Read more

Danny Boy / It’s About Time(アルバム/2010年)

7月 8, 2010 · Posted in D.P.G., DEATH ROW, WestCoast · Comment 

Danny Boy / It's About Time

 

DEATH ROW RECORDS Vo.担当のダニーボーイ。

94年にシングル「Come When I Call」で デビュー。DEATH ROWレコード所属のアーティスト 2-pac や Dr.Dre、Soopafly、MC Hammer、K-Ci&jojo の K-Ci などの数々の名曲にフィーチャリングされ実力派シンガーとして今後の活躍も期待されていた。しかし、同レーベルの 2-pac の死によりレコード会社がゴタゴタし始める。所属アーティスト SnoopDr.Dre など)が次々に離脱していき勢いが弱る中ダニーボーイも一旦去るが、DEATH ROWレコードが Crooked i を迎え会社の建て直しを計る。出戻りラッパーの Kurupt を副社長とし EastWood、Ray.J、Spider、Big Hutch、TLC の Left Eye Ropez などを次々と迎え入れ 新体制となった DEATH ROWレコードに、ダニーボーイも復帰するが、サントラのコンピレーションを一枚リリースしたのみで、アルバムデビュー前に DEATH ROWレコードが倒産。その後、フリーとなり地元シカゴやブルーノートなどで再デビューを目指しながら地道にライブ活動をしていた。(ちなみに3人組で”アメリカン・アイドル”?に出演していた。笑)

近年になり、DEATH ROWレコードの権利を獲得した WIDE awake が DEATH ROWレコードに眠っていた未発表曲を発掘、その中にダニーボーイの作品も数多く収録されており注目されていた。そして遂に16年の時を経てデビューアルバムをリリースすることになった。

収録された音源は Read more

Baby Boy / ベイビーボーイ

4月 25, 2010 · Posted in Movie · Comment 

Baby Boy / ベイビーボーイ

 

2001年製作。ジョン・シングルトン監督。

 

定職にも就かずプラプラした毎日を送っている青年ジョディ(タイリース・ギブソン)は、
ふたりのガールフレンドとの間にそれぞれ子供を持っているが、どちらの女性とも結婚せず
子育ては任せきりで、いまだに母親の家で呑気に暮らしているベイビーボーイ。

あるとき、ガールフレンドのひとりイヴェットのアパートに、刑務所から出所したばかりの
元恋人(スヌープ・ドッグ)が転がり込んできたうえ、母親の家を追い出されたジョディは、
とうとう大人になるための試練と向き合わねばならないことに・・・

 

日本語字幕の DVD は発売されてません。発売してくれーー

タイリースが新作映画『Baby Boy』主演のプレッシャーを語る

 

   

 

Do The Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング

2月 3, 2010 · Posted in Movie · Comment 

DO THE RIGHT THING

 

1989年製作。鬼才、スパイク・リー監督の名を世界に知らしめた社会派ドラマ。

 

都会の人種対立をパワフルに描いたこの作品は、上映される先々で議論を呼びながらも、
観客の支持と批評家の賛辞を獲得していった。

ブルックリンのベッドフォード=スタイヴェサント地区が舞台。
イタリア人が経営するピザ屋で働く黒人・ムーキーを軸に
その年いちばん暑かった日、一触触発の危機が訪れた日の物語。

 

 

Pages: Prev 1 2 3 4 5 Next

« 前ページへ次ページへ »